行政案内

 

町長あいさつ

町長あいさつ
 
町長あいさつ
 ホームページをご覧頂きまして有難うございます。
 土佐町は四国のほぼ中央に位置し、四国のへそとも言われ、人口は約4000人、面積は212.13km2でその内、森林が占める割合は87%と自然と水と森が豊かな町です。
 町は東西に流れる吉野川及び支流に沿って集落が形成され、昭和48年に建設された早明浦ダムは、四国四県に分水され多くの人々の暮らしや産業を支えています。
 本町の様な中山間地域では、高齢化、過疎化が進む中、医療・介護・福祉の連携の下「フィールド医学事業」や「あったかふれあいセンター事業」「とんからりんの家」等の取り組みや、産業振興、若者定住のための住宅整備、保育料の軽減、高校までの医療費無償化、教育のまちづくり等若者が子育てし易い環境づくりに努めてまいりました。今後も引き続きこの取り組みを前進させ人口減少対策や日本一健康な町をつくっていきたいと考えています。
 基幹産業である第一次産業の振興はもちろん産業の担い手や将来の町を担う人材育成に努めます。
 また早明浦ダム湖を活用したカヌーの拠点づくりや、さめうら荘を核とした体験型観光の推進や交流人口の拡大、移住者を積極的に受け入れることで、新たな地域コミュニティが生まれ集落維持にもつながると考えています。
 防災対策では、南海トラフ地震に備え住家の耐震対策を重点課題として積極的に取り組んでいます。そして将来にわたり持続可能なまちづくりを実現するために、健全な行財政運営や人口減少対策に積極的にチャレンジし、若者定住や少子化対策、医療、介護、福祉の充実、第一次産業の振興、集落維持等様々な課題解決に取り組んでいきます。
豊かな自然に恵まれたこの土佐町で、誰もが生まれ育ったことを、人生の大きな喜びとできる「ここにおって良かった」と言えるふるさとづくりに邁進いたします。
        
     
     
                  
 

沿革

沿革
 

 明治22年の町村制で誕生した土佐郡森村・地蔵寺村と長岡郡田井村が昭和30年3月に合併して土佐村が誕生しました。昭和36年4月に当時の本山町の一部だった大渕、古味、井尻、上津川の5地区と合併。早明浦ダム建設をきっかけに中島地区を中心に市街地が開け、昭和45年4月1日から町制を施行しました。

 

役場機構図

役場機構図
 
 

位置

位置
 
役場所在位置   〒781-3492
  高知県土佐郡土佐町土居194
東経   133度32分6秒
北緯   33度44分
広ぼう   東西 20km
  南北 19km
総面積   212.13㎢
 

人口の推移

人口の推移
 
年度 世帯数 総人口
昭和40年 2,139 8,470
昭和50年 2,017 6,679
昭和55年 2,393 6,663
昭和60年 1,958 5,872
平成 2年 1,928 5,566
平成 7年 1,913 5,292
平成12年 1,913 5,035
平成17年 1,860 4,632
平成22年 1,799 4,358
 

町のシンボル

町のシンボル
 
土佐町の「土」の輪は町民和合一致をあらわし、円内の二葉は若木の成長を象徴しています。特に中心軸と輪は「山」をも表現し、土佐町の町態をあらわしたものです。
 
 
土佐町の花:あじさい
町の花:あじさい
 
土佐町の木:杉
町の木:杉
 
土佐町の鳥:おおるり
町の鳥:おおるり
 

概要

概要
  ■名称 土佐町役場
  ■所在地 〒781-3492 高知県土佐郡土佐町土居194
  ■電話番号 0887-82-0480
  ■FAX番号 0887-82-2681
  ■町長 和田 守也
  ■メールアドレス tosat-20@town.tosa.lg.jp
 

交通アクセス

交通アクセス
 
高知県土佐郡土佐町土居194番地
 
【高知市からのアクセス】
車:50分(高知自動車道利用)
 最寄インターは大豊インター、土佐町中心部まで20分
JR:特急30分、普通80分
 最寄駅は大杉駅で土佐町中心部までバスで25分
 <土佐町の人口>
 男 性:1,861人
 女 性:2,043人
 合 計:3,904人
 世帯数:1,951世帯
(平成30年11月末現在)
 
土佐町役場
〒781-3492
高知県土佐郡土佐町土居194
TEL:0887-82-0480
FAX:0887-82-2681
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<土佐町役場>> 〒781-3492 高知県土佐郡土佐町土居194 TEL:0887-82-0480 FAX:0887-82-2681